2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014/07/27

ブドウの成長-その2

前回の記録から20日経ちました。
ブドウの大きさはあまり変わりません。変わったのは、多少、色づいてきたことくらいでしょうか。
下の写真はゴルビーです。
最近、インターネットで検索しても、ゴルビーという品種は売られていないようですね。
一時期、人気(?)だったようですが、やはりうまく育てるのは難しいのでしょうか。

2枚目の写真は、何とも悲惨です。でも、ずっとこんな状況が続いていて、週に1回は、割れたブドウを摘果していました。
しっかし、これではあまり食欲わきませんね。

Image1


Image2


この下の写真は巨峰です。
こちらの方が、きれいですね。ちょっと色づいてきました。

で、ジベレリン処理の効果は・・・
粒の大きさは、連年より大きくなったのでしょうか。
・・・さて、あまりピンときませんね。

Image3


Image4


それではと、色づいた巨峰をいくつか口にしてみました。
まだ、とても酸っぱいですが、種は・・・?!・・・ムム、きちんと入っていました。

何だ、これでは例年と同じではないですか!
まあ、今回食べた実にたまたま入っていたことにしましょう。
甘くなるまで、もうちょっと辛抱。

それまでは、ブラックベリーで我慢しましょう。

Image5


こちらは、どんどん実を付けます。
人がやっと通れるような小さな庭ですが、楽しみが詰まっています。


2014/07/21

収穫と修繕(伊豆高原レポート)

伊豆高原に来たのは3週間ぶりです。いつ来ても落ち着きます。

今回の収穫物はと・・・プラムとキイチゴ。たったこれだけでしたが、嬉しいですね。
形は悪いけど、おいしくいただきました。

Image1

ヤマモモは予想どおり、みんな熟くして落ちていました。無惨な姿です。一つ形の良さそうな赤いのをかじってみましたが、これは熟れていなくて、めちゃくちゃ酸っぱかったです。
今年もヤマモモは残念無念でした。

Image2


菜園では、カボチャ(バターナッツ)の実を発見。立派に育ったこの株は、前の生ゴミ処理をしていた場所で育ったものです。この場所は、きっと堆肥がつまっているのでしょうね。

Image3


今、伊豆高原のこの辺りにはユリが沢山咲いています。散歩しているといい香りがあちらこちらから漂ってきます。今、最高のユリの季節です。きれいで、香り高く、気品があって、やっぱり好きだなあ。食べてもとてもおいしいですよ(ユリ根)。

Image4


今回は、玄関の鍵にトラブル発生。シリンダー式の鍵が開かなくなってしまったのです。真夜中に到着して家に入れなかった時は、ホント、どうしようかと思いました。
幸い、物置の鍵があったので、油やらドライバーやら取り出して、懐中電灯の明かりのもと、ああでもない、こうでもないと悪戦苦闘の末、何とか開けることができました。ほっ。

しかし、そもそもシリンダーも古いせいか、まだ時々引っかかることがあるようです。
ということで、勝手口のドアに鍵をつけることにしました。実はもともと鍵付きのドアなのですが、その肝心なキーがないのです。
翌日、ホームセンターで買ってきた鍵を取り付けました。
玄関から入れないときは、勝手口から入ることができるようになりました。当たり前のようですが、今までできなかったのです。これでひとまず安心です。

Image6


Image7


Image8


ノミが無かったため、取り付けるのにドリルと彫刻刀とヤスリで約2時間掛かりました。


2014/07/07

ブドウの成長

雨の多い日々が続きました。ひび割れの実が多く発生しましたが、その都度摘んでいます。
それでも、ブドウはそこそこ順調に育っています。
まだ、色づいていませんので、更に大粒になることを願っています。

上は、ゴルビー、下は巨峰です。

Budou02


Budou01


ジベレリン処理していなかった昨年と比べると、ちょっと粒が大きめに感じるのですが、ひいき目でしょうか。

ところで、庭にブドウを植えると良くない、という話があり、特に昔武家屋敷では避けていたとか。「なり下がる」とか「家運が下がる」など、ブドウの房が「下がる」様を嫌ったとのこと。

しかし、今回よくよく観察してみると、花の時、房は上の方を向いていました。実が大きくなるにつれ、房が下向きに、そして、その房を支える軸は太くたくましくなってきました。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の句を思い出しました。考え方一つで、嫌な言い伝えがあっても抵抗は無くなりますね。

さて、私はと言えば、今は実際に人より一歩「下がって」、世の中をそろりそろりと渡って行けたらと思っています。
微風微帆で乾杯!

2014/07/01

6月最後の週末(伊豆高原レポート)

2週間ぶりに伊豆高原にやってきました。
ただし、今回は雨に祟られ、庭での作業はちょっとだけ。前回剪定した枝葉の粉砕でした。ガーデンシュレッダーという機械を使います。この粉々にした枝葉を庭に敷いておくと、草の生長が遅くなります。

さて、サツマイモですが・・・

Satsuma01_2

まだまだですね。もう少し成長したら、挿し枝で増やしましょう。
こちらは、バターナッツというカボチャの苗。順調に育っています。

Kabocha01

伊豆高原名物のヤマモモの実が赤くなってきました。

Yamamomo01

これが黒っぽくなってきたら食べ時とか・・・でも、次回来る時はもうみんな落ちてしまっているだろうなあ。

芝生に、ねじ花が沢山咲いていました。ネジのように花が螺旋状に咲きます。

Nejibana01

庭にいると微かな香り。クチナシの香りはとても素敵ですね。真っ白な花には気品があります。

Kuchinashi01

とりあえず、今回も自然を満喫しました。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »